厳選した美しいアピストグラマ等の熱帯魚を提供。熱帯魚輸入卸販売のコクーン

本日、販売特約店様にリリースしたお魚をご紹介します。
今回はアピストグラマ3種とコリドラス4種を新たにリリースいたしました。

Apistogramma cf. personata
・Apistogramma cf. personata - イサナ川上流
ネグロ川支流のイサナ川上流で採集されたcf. ペルソナータです。
通常ヴァウペス川のミツ近郊で採集されるcf. ペルソナータに似た種がイサナ川にも生息していた事実に少し戸惑いましたが、実物を見る限りcf. ペルソナータと判断しています。

ただし尾鰭にそろそろ柄や色が出てきて良いサイズですが、今のところ目立った柄は確認出来ておりません。この辺の違いが生息地域による違いなのかどうかは定かではありません。
いずれも4cm程度の小さな個体です。今後の成長によりその違いがハッキリ判ってくると思われますので飼育者様の水槽でご確認いただきたいと思っています。

Apistogramma sp. D11 / cf. piaroa (Yellow Breitbinden)
・Apistogramma sp. D11 / cf. piaroa (Yellow Breitbinden) - ビチャダ川水系
オスがメスの婚姻色のような黄色い体色を持つ変わったピアロアです。
まだ4~5cmの小さな個体ですが、ほぼ全てのオスの頬~顎下には既に隈取りがしっかりと確認することができ、今後の成長が非常に楽しみな個体ばかりです。

メスの数が少ないためリリース出来る数は制限されてしまいますが、入手された方はその魅力を十二分にご堪能いただけること必至です。

Apistogramma sp. D21
・Apistogramma sp. D21 - ビチャダ川水系
ビチャダエリアに生息するマクマステリの地域変種と判断しております。
尾鰭と腹鰭の赤色が鮮明なのでかなり綺麗になっていくと思われます。(写真を見て気付きましたがD24が1尾紛れて入荷してしまったようです。笑)
メスが僅かだったためリリース数も極僅かになります。


輸入ロット数の関係で今回はアピスト以外に面白そうなコリドラスが居たので仕入れてみました。

Corydoras sp. CW104
・Co. sp. CW104 - ヴァウペス川
CWナンバーをイマイチ理解出来ておりませんが、アピストのAナンバー同様Datzが管理していたCナンバーが更新されないため新種には新たにCWナンバーが付与されているものと理解しております。

この種は昨年ヴァウペス川で発見された成長しても3cm程度の極小コリドラスです。
底をヒョコヒョコ動き回る姿にはとても癒されます。

Corydoras sp. Alto Vaupes
・Co. sp. Alto Vaupes - ヴァウペス川上流
最近発見された国内未入荷だと思われる新種です。
上のCW104と似ていますが、既に体長は4cm程度で体や尾鰭の模様は異なります。少しずつ頭部がオレンジに近い黄色に色付いてきたので、今後この種特有の表現を見せてくれるのでは?と期待しています。

Corydoras sp. CW088
・Co. sp. CW088 - ヴァウペス川上流
昨年も少数入荷しましたが、ニューデビットサンジィで良いと思います。
ただし背鰭の黒が上まで広がらないようなので雰囲気は少し違う感じを受けます。今回は3~4cm程度の可愛らしいサイズが入荷しています。

Corydoras sp. Rio Icana
・Co. sp. Rio Icana - イサナ川上流
イサナ川上流で新たに発見されたメリニに近い種です。
全体的にクリーム色っぽい体色ですが成長に伴い頭部はオレンジ色っぽくなる可能性があります。
6cm超の個体と、3cmほどの小さな個体が入荷しました。


気になる種がございましたらお早めに販売特約店様へアクセスをお願いします。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
大寒を間近に控え寒さが一段と厳しくなっておりますがいかがお過ごしでしょうか。ご挨拶が遅くなりましたが、今年もコクーンをどうぞよろしくお願いいたします。
さて、そんな寒さを吹き飛ばす熱いアピストグラマが今年の初便として入荷しております。

一昨年はマクマステリグループをメインに、そして昨年はイニリダエグループのアピストをメインに輸入しました。
今年はどんなアピストを輸入しようかと現在計画している段階ですが、とりあえずは昨年長雨などの影響により実現することが出来なかった種をメインに取り組んでいこうと考えております。

それでは本日販売特約店様にリリースしたアピストのご紹介です。
本日は5種をリリースいたしました。

Apistogramma sp. D56 (A. sp. ouaou)
・Apistogramma sp. D56 / sp. ouaou
数枚の写真により以前からそのアピストが存在する事は知られていましたが、生息場所は誰も知らず、実物を見た事があるのは捕まえた漁師だけだったというアピストが『sp.オウアオウ』。
その伝説のアピストと多分同一だろうと考えられているのがこのsp.D56です。

何処かに採集に出掛けると聞く度に、冗談半分で『オウアオウが居るかもしれないから居たら絶対に捕まえてきてくれ!』と話していたアピストが本当に来てしまいました!

今回入荷したのは4cm程度までの小さな個体が少数。さらにメスの数が少ないためにリリースは極々少数となりますが、成長するに従い尾鰭・背鰭は鮮やかな赤色に染まり、顎下~頬~胸辺りまで真っ赤に彩られていくと思われますので入手された方は是非その魅力をご堪能ください。

Apistogramma sp. segelflossen
・Apistogramma sp. segelflossen - ビチャダ川水系
現地からはsp.ブルトケールで入荷しましたが、現段階ではセーゲルフロッセンと判断しています。
しかしビチャダ川水系で採集された事を確認しているので、果たして本当にセーゲルなのか?という疑問は残っています。
まだ環境に怯えている状況なので日本の水に馴染んでくれば顎下の隈取り、お腹にイニリダエのようなバンドが出現する可能性はあります。
例によりメスの数が少ないため極少数のみのリリースとなります。

Apistogramma sp. rautenband
・Apistogramma sp. rautenband - ヴァウペス川
昨年に続き今年もこのアピストが入荷しております。
綺麗に育てて繁殖まで持っていくのは少し難儀する種ですが、愛情を注ぐとそれにしっかり応えてくれる良いアピストです。

Apistogramma sp. mitu
・Apistogramma sp. mitu - ヴァウペス川
sp.ルーテンバンドとセットでやって来る細身の変わったアピストです。
体形が細く弱そうなイメージですが実際はとてもタフで、成長すると体がグリーンに輝いてくる魅力あるアピストです。

Apistogramma sp. D53
・Apistogramma sp. D53 - ヴァウペス川
sp.ミツの地域変種だと思っていましたが、実物はsp.ミツよりも体高があり、背鰭も高くなりそうな感じを受けます。
体色が全体的に赤っぽいのでsp.ルーテンバンドにも似ています。また背鰭にも明るい赤色が入っているので、落ち着いたらどのような姿になるのかとても興味深いアピストです。
メスの数が少ないためこちらも極々少数のリリースとなります。

いずれの種も気になる方はお早めに販売特約店様へアクセスをお願いします。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
ブラインシュリンプエッグ
ソルトレイク産 for エキスパート
この度、新たなブラインシュリンプ・エッグの販売を開始しました。また既存ドライフードの販売価格を値下げいたしました。

当オンラインショップでは今までも質の高いソルトレイク産ブラインシュリンプエッグを販売し皆様からご好評をいただいておりましたが、この度更に高品質で孵化率が高いブラインシュリンプエッグ『ソルトレイク産 for エキスパート』の販売を始めました。

アメリカのソルトレークシティーにあるグレートソルト湖は世界で最も有名なブラインシュリンプエッグの漁獲地です。
収穫されたブラインシュリンプエッグは地元の漁業協同組合により品質管理され、漁協と契約した業者により世界に流通されています。この漁協はブラインシュリンプエッグの流通管理の他に漁獲量の管理や湖に生息する塩水エビの保護も担っています。

ブラインシュリンプエッグの漁獲量はその年の気候などにより変動するため豊漁の年もあれば不漁の年もあります。 不漁の年であっても漁協と昔から関係が深い大口業者には流通され、品質が高いブラインシュリンプエッグについても優先的に取引されているものと思われます。

この度当社はグレートソルトレイク漁業協同組合と太いパイプで繋がっている業者様と取引を開始することになり、より高品質のソルトレイク産ブラインシュリンプエッグの提供が可能となりました。
孵化率が高く、孵化後の幼生のサイズが小さな最高品質のソルトレイク産ブラインシュリンプエッグです。

ただしこのブラインシュリンプエッグは適正な水温(約28℃)を保たないと孵化率が大幅に下がってしまうため、ブラインシュリンプの孵化に慣れていて高い水温を維持出来る方用に販売させていただきます。(所謂「皿式」と呼ばれる孵化方法では孵化率は低くなるものと思われます。)

ハーフ&ハーフの場合のソルトレイク産は、今まで通りの卵を使用しますが、ご注文時の連絡事項に『ソルトレイク産 for エキスパートで!』とご記入いただければ対応させていただきます。



メーカーからの通達により来年2019年から仕入れ価格が上昇することに伴い、この度ヨーロッパからドライフードを大量に輸入しました。
それに伴いまして既存ドライフードの販売価格を大幅に値下げいたしました。

大変お買い得な価格となっておりますので、新たなブラインシュリンプエッグと共に当オンラインショップが扱っているドライフードをこの機会に是非お試しください。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
昨日、販売特約店様にリリースしたアピストとカラシンをご紹介します。

Apistogramma sp. Segelflossen

Apistogramma sp. Segelflossen
・Apistogramma sp. Segelflossen (仮) オリノコ川中流域
コロンビアからsp.セーゲルフロッセンの名前で入荷したアピストです。
しかし今まで入荷したセーゲルフロッセンとは明らかに違う個体が届いたためリリースまでにしばらく時間が掛かってしまいました。
全体的なフォルム・背鰭の形はsp.セーゲルフロッセンですが、ラテラルバンド下のセーゲルフロッセン独特なアブドミナルストライプが見られません。
更にオス個体の顎下には隈取りがあります。
実は今回採集された場所はオリノコ川中流ですが、その対岸のベネズエラ側にもsp.セーゲルフロッセンが棲息しています。ベネズエラ側のセーゲルフロッセンのオスには顎下に隈取りがあることが知られています。
今回入荷したこの個体がベネズエラ側のセーゲルフロッセンかどうかは現時点で断定することは出来かねますが、夢を追い掛けてみたい、そんなアピストです。
ただしメスの数が少なかったためリリースは極少数となっています。

Apistogramma piaroa (sp. Breitbinden)
・Apistogramma piaroa オリノコ川中流域
コロンビアのsp.ブライトビンデンです。
上のsp.セーゲルフロッセンと同じポイントで採集されました。
全ての個体が4cm前後のため背鰭の伸びはまだ確認出来ませんでしたがピアロアで良いと思います。
ただしこちらもメス個体が僅かだったのでリリースも極々少数となってしまいました。

・Apistogramma lineata アタバポ川
10月初めにリリースした赤顔のリネアタですが前回と比べて赤顔個体は少なかったです。
しかしこのアピストは飼育環境の良し悪しで劇的に変貌する種です。比較的広めで威張れる環境を用意してあげてください。魚からその素質が十分感じ取れましたのでおススメします。


Hemigrammus .sp

Hemigrammus .sp
・Moenkhausia dichroura ビチャダ水系
という名前で入荷しましたが多分違う種だと思われます。一般的に知られているシザーステールカラシンとも若干違いがあります。
いずれにしても体全体が銀色に輝きとてもよく目立つカラシンです。
全ての個体が5~6cmほどの立派な体格なので飼育環境が限られてくると思われます。

Hyphessobrycon sp. (Rio Vaupes)
・Hyphessobrycon sp. ヴァウペス川上流
こちらは新種のカラシンです。
全ての個体が2cm程度。既に成魚なのか、それともこれから成長してそして体色はどのように変化していくのか、全くの未知です。性格はとても大人しいですので小さな魚のタンクメイトにも良いと思います。

以上が今回リリースしました魚たちです。

そして、今回から新たに関西の販売特約店様が追加され、今後お付き合いさせていただくことになりました。

大阪府八尾市
アクアリウムトールマン』様です。

東京都内の販売特約店様とリリース時期が多少ずれてしまうことがありますが、関西在住で実物の魚をご自身の目で見て購入されたい方は是非一度足を運んでください。

今回も気になった種がいましたらお早めに販売特約店様へアクセスをお願いします。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
本日、販売特約店様にリリースしたアピストをご紹介します。
今回は6種を新たにリリースいたしました。

Apistogramma sp. D24
Apistogramma sp. D24
D24はヴィエジタの仲間の中でも色彩が鮮やかな種として知られていますが、この個体は今まで入荷したD24の中でもダントツです。
大きさもそれ程大きくないのでこのオスが生まれ持ったモノだと思います。メスもこのオスに釣り合う良い個体なので是非この遺伝子を繋げてください!
ただしこの種の宿命なのか、メス確定個体が1尾のみ。
それ以外のメス個体は再度吟味していますので実物を見てご確認ください。

Apistogramma cf.viejita
Apistogramma cf. viejita
ヴィエジタ(Color Form I)はプエルトガイタン周辺で採集されますが、このヴィエジタは同じプエルトガイタンエリアでも少し離れたポイントで採集されました。
背鰭がマクマステリのように上に伸びるのが特徴です。そのためcf. ヴィエジタとしています。

Apistogramma cf.hongsloi
Apistogramma cf. hongsloi
上のcf. viejitaと同じエリアで採集されたホングスロイです。
ご覧いただけますように入荷直後の状態で既に、頬に赤いライン状の隈取り、ラテラルバンド付近にオレンジ色が発色している個体がちらほら。
どれもこれからの成長が楽しみな個体ばかり入荷しています。

Apistogramma alacrina (sp. Rotpunkt)
Apistogramma alacrina (sp. Rotpunkt)
このアピストの入荷を待ち侘びていたアピストファンの方は多いのではないでしょうか。
最近はあまり入荷が無かったロートプンクが入荷しました。それも頬にブルーがしっかり乗りかなり綺麗になりそうな個体たちです。
一般的なアピストの飼育環境でも良いですが、綺麗な水草水槽での飼育もおススメします。この種のブルーは水草のグリーンととても相性が良いです。

Apistogramma sp. D50 (sp. Alto Vaupes II)
Apistogramma sp. D50 (sp. Alto Vaupes II)
久しぶりの入荷となりました。いずれも体長5~6cmで育てやすいサイズで良い個体です。
この種は安定した低pHの水質で飼育するとビックリするほど綺麗になります。
写真をよく見ていただくと判ると思いますが、全てのオスの顎下にはその片鱗が見え隠れしています。オスの性格が少し荒いですが未だ飼育した事が無い方は是非一度トライしてみてください!

Apistogramma sp. D25
Apistogramma sp. D25
現地の在庫を全て引き上げました。
しかし全てオス個体でした。(大粒泪)
マクマステリグループのアピストにはまぁまぁよくある事なのですが。
オスだけでも欲しいという方がいらっしゃれば是非!

気になった種がいましたらお早めに販売特約店様へアクセスをお願いします。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
Previous >>前の投稿 ホーム